MENU

男女雇用機会均等法 ~女性労働者についての措置に関する特例~

2019年3月12日

難解な労務管理知識をわかりやすく解説!毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく完全無料メールセミナー「労務365日」のご登録はこちら

 

 

【説明】


雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保の支障となっている事情を改善することを目的として、女性労働者に対して有利に取り扱うこと等は、法律違反にならない場合があります。

 


【ここがポイント!】


男女の均等な機会及び待遇の確保の支障とは、これまでの固定的な男女の役割分担意識に根ざすこれまでの企業における雇用管理などが原因となって、雇用の場において男女労働者の間に事実上格差が生じていることをいうものです。


例えば、女性労働者の数が相当程度少ない(女性労働者の数が4割を下回っている)職場においての募集及び採用において、基準を満たす者の中から、女性労働者を優先して採用する事、女性労働者の数が相当程度少ない役職において、その昇進のための試験を女性労働者にのみ奨励すること等が挙げられます。


このような特例は、柔軟な職場環境を形成する上でも有益なことと考えられますので、是非ご活用下さい。

 

 

ただし、このような措置は、法令違反となるか否か判断が難しい場合が考えられますので、行政官庁等に確認等を行いながら進めて下さい。


また、こちらもご参照になさって下さい。

 

>>配置・昇進・降格・教育訓練等についての性別を理由とする差別の禁止について(厚生労働省)

 

 

なお、男性労働者については、このような特例は設けられていませんので、ご注意下さい。

 

 

完全オーダーメイドによる貴社に見合った就業規則作成・変更サービスはこちら

 

 

 

cta-om03.png

人気記事


オフィスまつもと ブログ

最新記事

カテゴリー

メニュー

会社情報

東京
(LMコンサルティング株式会社)

03-5962-8568

静岡
(オフィスまつもと)

053-474-8562

東京
(LMコンサルティング株式会社)
〒132-0023
東京都葛飾区東新小岩3-1-16-405

静岡
(オフィスまつもと)
〒430-0906
静岡県浜松市中区住吉4-13-9


© 2019 社会保険労務士事務所 就業規則作成・変更サービス All rights reserved.