MENU

健康保険 ~出産手当金①~

2019年5月18日

難解な労務管理知識をわかりやすく解説!毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく完全無料メールセミナー「労務365日」のご登録はこちら

 

 

【説明】

 

出産手当金は、出産の日以前42日から出産の日後56日までの間において労務に服さなかった期間支給されます。

 


【ここがポイント!】


出産手当金は、出産の日以前42日から出産の日後56日までの間において労務に服さなかった期間支給されます。

 

労働基準法では、産前産後休業の規定が定められています。


ただ、産前産後休業について法律が、強制的に休業を命じているのは、産後6週間についてのみですので(産後6週間を経過すれば、医師が支障がないと認める業務に限って、労働者が希望すれば業務に従事するが可能です)、出産手当金も、出産の日以前42日から出産の日後56日までの期間支給されるのではなく、実際に労務に服さなかった期間について支給されます。

 

 

また、支給額は、傷病手当金と同じで、労務に服さなかった1日につき、原則、支給開始日以前継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額の平均を30で除した額(標準報酬日額)の100分66に相当する額が支給されます。


休業期間中に、公休日等があっても傷病手当金同様、出産手当金も支給され、休業中に報酬が出ていた場合の調整も、傷病手当金と同じとなります。


なお、出産日以前42日間は、多胎妊娠の場合には、98日間となります。

 

 

完全オーダーメイドによる貴社に見合った就業規則作成・変更サービスはこちら

 

 

 

cta-om03.png

人気記事


オフィスまつもと ブログ

最新記事

カテゴリー

メニュー

会社情報

東京
(LMコンサルティング株式会社)

03-5962-8568

静岡
(オフィスまつもと)

053-474-8562

東京
(LMコンサルティング株式会社)
〒132-0023
東京都葛飾区東新小岩3-1-16-405

静岡
(オフィスまつもと)
〒430-0906
静岡県浜松市中区住吉4-13-9


© 2019 社会保険労務士事務所 就業規則作成・変更サービス All rights reserved.