MENU

雇用契約書について ~労働条件の通知と雇用契約書~

2019年3月15日

難解な労務管理知識をわかりやすく解説!毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく完全無料メールセミナー「労務365日」のご登録はこちら

 

 

【説明】


労働者を雇用する際には、賃金等一定の事項について、書面で労働者に通知する必要があります。

 

ただし、できれば一方的な通知書ではなく、契約書の作成をお勧めします。

 


【ここがポイント!】


労働者を雇用する際には、労働者に対して必要な事項を通知し、賃金等の重要な事項に関しては、書面にて通知する必要があります。


ところで、労働基準法では、重要な労働条件についてあくまで書面での通知のみを義務としています。

 

つまり、労働者が署名・捺印を行う、契約書の作成までは、法的義務を課してはいません。

 

法律上必要な事項が、書かれてさえいれば、通知書でも契約書でも、どちらでも問わないのです。

 

 

しかし、労務管理の上では、契約書の形式を取る事をお勧めします。


私も、何回も経験があるのでが、労働条件で労働者とのトラブルが起こった場合には、労働条件を記載した書面が非常に重要となります。

 

 

その書類に労働者の署名・捺印があるということは、使用者にとって非常に有利な要因となります。


署名・捺印があるのですから「知らなかった」「聞いてない」といった、反論ができなくなるわけです。


従って、労働条件の明示については、雇用契約書の形式を用いることをお勧めします。


是非、ご参考になさって下さい。

 

 

完全オーダーメイドによる貴社に見合った就業規則作成・変更サービスはこちら

 

 

 

cta-om03.png

人気記事


オフィスまつもと ブログ

最新記事

カテゴリー

メニュー

会社情報

東京
(LMコンサルティング株式会社)

03-5962-8568

静岡
(オフィスまつもと)

053-474-8562

東京
(LMコンサルティング株式会社)
〒132-0023
東京都葛飾区東新小岩3-1-16-405

静岡
(オフィスまつもと)
〒430-0906
静岡県浜松市中区住吉4-13-9


© 2019 社会保険労務士事務所 就業規則作成・変更サービス All rights reserved.