MENU

雇用契約書について ~雇用契約書の内容について~

2019年3月15日

難解な労務管理知識をわかりやすく解説!毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく完全無料メールセミナー「労務365日」のご登録はこちら

 

 

【説明】


雇用契約書を作成する際には、未然にトラブルを防止する観点で作成することが重要です。

 


【ここがポイント】


労働条件の明示には、絶対的明示事項と相対的明示事項が法律で定められています。


ただ、これを逆に考えると、労働条件通知書(又は契約書)は、法律で定められたこれら必要な事項が記載されていれば、それ以外の事項については、法律では基本的には関与しないこととなります。

 

 

これは私が、実際に経験したことですが、運送業の会社で、ドライバーとして雇用した労働者に、倉庫掃除をさせたところ、「私は、ドライバーとして雇用されたわけだから、それ以外の業務をさせられるのは契約違反である」と言ってきました。


倉庫掃除が、ドライバーとして雇用した労働者の業務に該当するか否かの問題は、ここでは取り上げませんが、ここで私が、何を言いたいかと言いますと、労働条件通知書(又は契約書)の従事する業務内容に「ドライバー及び付帯業務」「運送業務全般」といった書き方をしていれば、何の問題も起こらなかったのです。

 

 

法律では、業務内容を明示することが求められ、「ドライバー」と記載するか、「ドライバー及び付帯業務」と記載するかは、関与しません。


ですから、労働条件通知書(又は契約書)を作成する際には、なるべくトラブルを防ぐ観点から作成し、必要と思われる事項については、必ず記載するようにすると良いかと思います。

 

 

完全オーダーメイドによる貴社に見合った就業規則作成・変更サービスはこちら

 

 

 

cta-om03.png

人気記事


オフィスまつもと ブログ

最新記事

カテゴリー

メニュー

会社情報

東京
(LMコンサルティング株式会社)

03-5962-8568

静岡
(オフィスまつもと)

053-474-8562

東京
(LMコンサルティング株式会社)
〒132-0023
東京都葛飾区東新小岩3-1-16-405

静岡
(オフィスまつもと)
〒430-0906
静岡県浜松市中区住吉4-13-9


© 2019 社会保険労務士事務所 就業規則作成・変更サービス All rights reserved.