MENU

休職制度 ~休職制度と規定~

2019年3月18日

難解な労務管理知識をわかりやすく解説!毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく完全無料メールセミナー「労務365日」のご登録はこちら

 

 

【説明】


休職制度において、規定の存在が非常に重要となります。

 


【ここがポイント!】

 

休職制度は、使用者に課せられた義務ではなく、あくまで任意の制度となります。


法律の制限を受けないために、休職期間の長さや対象労働者、休職中の賃金の有無等についても使用者が定めることができます。

 

 

ところで、傷病における休職に関しては、医学的な見解が必要となってくる場合があります。この場合は、使用者において判断が付かない場合が考えられるので、医師等の意見等が必要となってきます。

 

しかし、このような問題はプライバシーの問題も絡んでくるので、取り扱いに慎重さが求められます。


従って、規定の存在が非常に重要となってきます。

 

 

法律の制限を受けないということは、言い換えれば、何の定めもないこととなります。


ですから、しっかりとした規定が無ければ、何を根拠に取り扱いをして良いのか、非常に曖昧になってしまい、せっかく労働者の福利厚生の充実のための休職制度が、かえってトラブルの原因となってしまうこともあり得ます。


休職制度を設ける場合には、想定できることを可能な限り考えて規定に盛り込むことが重要となってきます。

 

 

完全オーダーメイドによる貴社に見合った就業規則作成・変更サービスはこちら

 

 

 

cta-om03.png

 

人気記事


オフィスまつもと ブログ

最新記事

カテゴリー

メニュー

会社情報

東京
(LMコンサルティング株式会社)

03-5962-8568

静岡
(オフィスまつもと)

053-474-8562

東京
(LMコンサルティング株式会社)
〒132-0023
東京都葛飾区東新小岩3-1-16-405

静岡
(オフィスまつもと)
〒430-0906
静岡県浜松市中区住吉4-13-9


© 2019 社会保険労務士事務所 就業規則作成・変更サービス All rights reserved.