MENU

労働トラブルを防ぐポイント⑩ ~就業規則の周知~

2019年5月30日

難解な労務管理知識をわかりやすく解説!毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく完全無料メールセミナー「労務365日」のご登録はこちら

 

 

【説明】

 

就業規則は、周知して初めて効力が生じます。

 


【ここがポイント!】


労働トラブルを防止する観点から考えると、就業規則は、非常に重要な役割を果たします。


ですから、企業規模に関わらず、しっかりとした就業規則を作成することは、経営においてもとても大切と言えます。

 

 

そして、就業規則は、労働者に周知して初めて効力が生じます。

 

せっかく、作成した就業規則でも、それを労働者に周知しなければ、何の意味もなく、何か問題が起こった時でも、就業規則を根拠に問題を解決することが出来なくなってしまいます。


ですから、労働トラブル防止の観点からすると、就業規則の作成をもちろん、それを周知することも非常に重要となってきますので、今一度ご理解下さい。

 

 

完全オーダーメイドによる貴社に見合った就業規則作成・変更サービスはこちら

 

 

 

cta-om03.png

人気記事


オフィスまつもと ブログ

最新記事

カテゴリー

メニュー

会社情報

東京
(LMコンサルティング株式会社)

03-5962-8568

静岡
(オフィスまつもと)

053-474-8562

東京
(LMコンサルティング株式会社)
〒132-0023
東京都葛飾区東新小岩3-1-16-405

静岡
(オフィスまつもと)
〒430-0906
静岡県浜松市中区住吉4-13-9


© 2019 社会保険労務士事務所 就業規則作成・変更サービス All rights reserved.