MENU

労災保険 ~休業補償給付 給付額について~

2019年4月14日

難解な労務管理知識をわかりやすく解説!毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく完全無料メールセミナー「労務365日」のご登録はこちら

 

 

【説明】


休業補償給付の額は、1日につき給付基礎日額の100分の60に相当する額が支給されます。

 


【ここがポイント!】


休業補償給付の額は、給付基礎日額を基に計算されます。


この給付基礎日額とは、労働基準法で定められた平均賃金に相当する額とされています。

 

平均賃金につきましてはこちらをご参照下さい。

 

>>平均賃金の原則的な計算方法

 

>>平均賃金の最低保障額

 


ところで、労働基準法では、平均賃金を算定すべき事由の発生した日は、「負傷もしくは死亡の原因である事故が発生した日」とされいます。


さらに、賃金締切日がある場合には、「負傷もしくは死亡の原因である事故が発生した日」の直前の賃金締切日の前3ヶ月間の賃金総額で平均賃金は、計算されます。


従って、給付基礎日額も同様に計算されるため、例えば、賃金締切日が、末日の会社で、10月15日に休業の原因となる事故が発生した場合には、9月、8月、7月の賃金を基に給付基礎日額が計算されます。


支給額は、休業1日につき、給付基礎日額の100分の60に相当する額が支給されます。


休業補償給付は、暦日で支給されるため、休業中に会社の公休日に対しても支給されます。

 

 

完全オーダーメイドによる貴社に見合った就業規則作成・変更サービスはこちら

 

 

 

cta-om03.png

人気記事


オフィスまつもと ブログ

最新記事

カテゴリー

メニュー

会社情報

東京
(LMコンサルティング株式会社)

03-5962-8568

静岡
(オフィスまつもと)

053-474-8562

東京
(LMコンサルティング株式会社)
〒132-0023
東京都葛飾区東新小岩3-1-16-405

静岡
(オフィスまつもと)
〒430-0906
静岡県浜松市中区住吉4-13-9


© 2019 社会保険労務士事務所 就業規則作成・変更サービス All rights reserved.