MENU

労災保険 ~業務上災害認定事例①~

2019年4月9日

難解な労務管理知識をわかりやすく解説!毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく完全無料メールセミナー「労務365日」のご登録はこちら

 

 

【説明】


会社主催の野球大会等での負傷が、業務上災害と認められるには、大会当日が出勤日扱い等一定の条件を満必要があります。

 


【ここがポイント!】


会社内の行事の一環として、野球大会や運動会などの競技大会が行われることが多々あります。


このような競技大会で負傷した場合に、業務上災害と認定されるには、いくつかの条件があります。


まず、会社の全労働者や支店、営業等の労働者全員の出場を意図して行われるものであり、競技大会当日は、勤務を要する日とされ、出場しない場合には、欠勤として取扱われる必要があります。


従って、競技大会が会社の休日に行われ、参加も自由の場合での負傷は、業務上災害等は認定されないこととなります。

 

また、建前上は全員参加であっても、参加しなかった場合でも欠勤扱いされない場合は、業務上とは認定されないと言えます。

 

 

競技大会が事業場外で行われる場合で、必要な費用が事業主によって負担される必要があります。


実際には、業務上災害の認定には、事案ごとに様々な状況を勘案され判断されますが、大きなポイントとしては、「出勤日扱いで全員参加」と「事業主により費用負担」の2つが挙げられます。

 

 

完全オーダーメイドによる貴社に見合った就業規則作成・変更サービスはこちら

 

 

 

cta-om03.png

人気記事


オフィスまつもと ブログ

最新記事

カテゴリー

メニュー

会社情報

東京
(LMコンサルティング株式会社)

03-5962-8568

静岡
(オフィスまつもと)

053-474-8562

東京
(LMコンサルティング株式会社)
〒132-0023
東京都葛飾区東新小岩3-1-16-405

静岡
(オフィスまつもと)
〒430-0906
静岡県浜松市中区住吉4-13-9


© 2019 社会保険労務士事務所 就業規則作成・変更サービス All rights reserved.